クレンジングどれがいい?口コミレポート

注目のクレンジング剤はこれだ!

キュレルジェルメイク落とし~クレンジング口コミ

 

さすがの敏感肌+乾燥肌に対応したブランド。肌に合う合わないがなく、しっかりとメイクオフできてコスパも優れていますね。

 

メイクオフ力

 

私は敏感乾燥肌なので、刺激の少ない化粧品を使用しています。落ち具合から考えるとオイルタイプよりも弱いのですが、普段はナチュラルメイクなので、このメイク落としで十分さっぱりときれいにメイクを落とすことができます。ポイントメイクが濃い場合には、物足りないかもしれません。

 

肌への影響

 

肌への負担は、少ないように感じています。メイク落としの後、同じキュレルの泡洗顔料を使用していますが、使用後の肌のツッパリ感はありません。かといって潤う感じもありません。肌の潤いを残しつつ、メイクや汚れを落とすという印象です。

 

テクスチャーと香り

 

香りはほとんどありません。テクスチャーはやわらかい透明ジェルで、するすると伸びる感じではありませんが、肌へのなじみがよく、ごしごしとこする必要がないので使いやすいです。洗った後は、肌のべたつきやぬるぬるする感じは残りません。

 

コスパ

 

自分の場合は、1つ使い終えるのに1か月以上は持ち、さらに価格的にもお安いので、かなりコストパフォーマンスには満足しています。安い分、量をケチらずにたっぷりと使うことができています。

 

リピ決定

 

なかなか敏感乾燥肌の自分の肌に合うものに出会えなかったのですが、このメイク落としに変えてから肌トラブルがないので、もう2年以上リピートし続けています。今後も他のメイク落としに変える予定はありません。

 

 

いくら優れたクレンジングでも注意!

 

どれだけメイク落ちが良くて潤いが残るクレンジングでも、絶対に100%肌に悪影響がないわけではありません。

 

どうやっても肌のセラミドや脂質を減少させてバランスを崩してしまいます。

 

もし、洗顔後何もしないでいると粉が吹いてくる場合は、クレンジングと洗顔のどちらかがやり過ぎというサインです。

 

粉ふき乾燥肌の原因

 

単純にW洗顔不要のタイプに切り替えるだけで解決することもあります。その場合は洗顔に問題があったのでしょう。

 

逆にW洗顔不要にしても症状がいまいち改善されない場合、クレンジングに問題があるというより、明らかにこすり過ぎ、長時間馴染ませすぎというやり方に問題があると思われます。

 

毛穴ケアはクレンジングに頼らないこと

 

特に問題なのは毛穴をクレンジングで何とかしようとすること。これは大間違いです。

 

それをやると間違いなく逆に毛穴が大きくなります。

 

毛穴がもっとも目立つのは頬と小鼻でしょう。

 

頬もそうですが小鼻も意外と乾燥しやすい部位で、クレンジングで毛穴を意識して洗い過ぎるとあっという間に肌のセラミドが不足し、毛穴表面の角質が衰退して穴が大きく広がってしまいます。

 

頬・小鼻の毛穴原因

 

どうしても綺麗にしようとする意識がそうさせてしまうのですが、あくまでクレンジングはメイクを落すもの。ついでに、もう落ちそうな毛穴よごれも一緒についでに落としてしまうといった感覚が正解でしょう。